ピュアモリス ハニーサックル A4バッグ完成


オーダー頂いたA4バッグが完成しました。

お客様がイメージされた縦長シルエット。

書類以外の物も収納するかもと思うと、
横幅を広くしたくなりますが、それはナシ!

余裕を持って腕に掛けたいと思うと、
持ち手をもう少し長くしたくなりますが、それもナシ!



用途やイメージがきちんと決まっていると、潔いデザインになるのだな。と、感心しました。



内側はナイロンです。

表地は天然素材(綿麻)の為、色褪せやヘタリなどの面で、
使用頻度にも寄りますが、バッグとしての寿命は化繊生地より短いです。

内布をナイロンにする事で、ヘタリや内側の汚れが軽減される為、
比較的長い期間、気持ち良くお使い頂けます。



短い持ち手、持った時のバランスが可愛いです。

厚手の芯を使用して、しっかりとした感触になってます。







繊細な描き方ですね。

こちらの生地は、お洋服など全体のバランスを考えて選ばれるお客様が多い印象があります。



改めてシンプルなバッグ、素敵ですね。



ご注文を下さり、有難うございました。

A4バッグ 製作


オーダー頂いたA4バッグを製作します。

当初、お客様はレザーの持ち手を希望されました。
生地との相性や使用目的、生地の耐久性に対して価格とのバランスなどを打合せした結果、
今回は、共生地での持ち手となりました。

しっかりとした持ち手を希望された為、厚手の芯を付けて製作してます。



A4書類を頭を出さずにすっぽり収納したいが、
横幅があると嵩張り格好悪いとのご意見を頂き、縦長シルエットに決定。

バランスを取る為に、持ち手は短めで決められました。
縦のラインが強調されて素敵に仕上がる予感がします。。



とても上品な雰囲気に仕上がってます。

明日、改めてご紹介しますね。

メガネケース&ペンケース


久々の晴れ間、そして気温上昇。。



ご注文頂いたメガネケースを製作しています。

このタイプのメガネケースは4ヶ月以上欠品したままなのですが、
Instagramの完成画像を見て頂き、打合せしました。

前回のお客様も同様でしたので、Instagramはけっこう便利なツールだと思ってます。
そのような為、インスタグラムには完成した商品画像とお知らせに内容を絞って投稿してます。



完成しました。
ユニークな柄ですね。



反対側の柄出しです。



昨日のブログで、途中まで仕上げた在庫が各々1点ずつと記載したのは、こちらです。

今回ご注文頂いた柄出しと大きくイメージは変わらないです。
そのうち仕上げる予定ですが、ご予約頂いた場合はすぐ仕上げます。



オーダー頂いたA4バッグも生地をカットしました。

柄出しの打合せは特にしなかったので、任せて良かった!と、
思って頂けるよう、気合いを入れて柄出ししてます。

また明日、ご紹介しますね。

パイプドリーム 小物製作


ウィリアムモリスのテキスタイルでA4バッグのオーダーを頂きました。

パイプ柄の生地も気に入っていただいたのですが、
残念ながら生地の在庫がなく、途中まで仕上げておいた小物をお見せした所、
小物のご注文も併せて頂きました。



こちらは、ペンケース。
内布を手縫いで取付したら完成です。

ちなみに同じ状態の生地が、あともう一点在庫してます。



こちらはメガネケース。
こちらも同じ状態の生地が、あと一点在庫してます。

明日になりますが、まず小物を先に仕上げますね。

お化粧ポーチ 完成


オーダー頂いたお化粧ポーチが仕上がりました。

マチが全体に回っているので、収納力があります。
コロンとした形状も可愛いですね。



内側の様子です。

リップが縦に収納出来るポケットです。



反対側にもポケットがついてます。



お客様に選んで頂いたファスナー、素敵です。



底の様子です。



シンプルなデザインの中に、機能性があるポーチですね。

ご注文を下さり、有難うございました。

お化粧ポーチ製作


オーダー頂いたお化粧ポーチの型紙を製作してます。

展示在庫品のお化粧ポーチが楕円型なのに対して、
角を丸めた四角型で製作します。

ご来店頂いた際に、楕円型お化粧ポーチを気に入って頂いたのですが、
お手持ちの化粧品が全て収納出来ず、形を変えてオーダーとなりました。



生地はグレイッシュパープルの無地コットンを選ばれました。

ファスナーの色も選んで頂いてます。
素敵な色の組み合わせですね、完成が楽しみです。



生地をカットしました。



内側のポケットです。

展示在庫品のポケットを元にしてます。
手前のポケットは展示在庫品と比べて大きめにサイズ変更してます。

内側生地は軽くて丈夫、汚れにくいナイロンです。



外ポケット付きです。

こちらは、お客様が現在使用しているポーチが元です。
ペンシルタイプのお化粧品を縦に差し込んで収納されてました。



補強を兼ねて、パイピングをお付けしました。

続きはまた明日です。

猫柄 バッグ完成


オーダー頂いたバッグが仕上がりました。

少しドレスアップした服装に似合いそうなバッグですね。
新しい生活様式の中で、静かにお洒落が楽しめる機会が徐々に増えていくと良いですね。



反対側の柄出しです。

リラックスしたカジュアルの服装のアクセントにもお使い頂けると思います。



内側から見えるブルー。
東シナ海のような色です。



幸福感のあるピンクです。
上品な光沢も魅力です。



袋口には、ステッチが出ないように仕立ててます。



持ち手は、内側で手縫いで留めてます。

外側はカバーのような仕様で、実際の荷重は内袋で支えてます。
ですので、書類の様な重い荷物を収納するバッグには向きません。



内袋が暴れないように、サイドのみステッチを入れてます。



ぱっと見て同じ様な持ち手ですが、比較してみます。

今回は右側の加工済みで販売しているレザーコード。
一枚革なので、ステッチが無くすっきりしてます。

左は革を2枚合わせて、ステッチを入れてます。
こちらには、中心に芯も入ってます。



裏側の比較です。

右側は、レザーの裏側がむき出しとなります。
使用状況にも寄りますが、レザーの裏側は徐々にひび割れたり、ささくれたりして来ます。
使用頻度が高く、重い荷物のバッグには向きません。

今回のバッグは小さなサイズのお洒落目的のバッグなので、こちらのレザーを使用しました。

左のステッチの入った持ち手は、使い込むと柔らかく馴染んで来ます。
こちらは全て手作業の工程で価格が上がります。

製作するアイテムの使用目的とのバランスで、持ち手の種類を選んで頂いてます。



生地の個性を生かしたオーダーですね。

ご注文を下さり、ありがとうございました。

猫柄 シンプルバッグ


ご来店頂いたお客様と「何か小さめのバッグしましょう。」という事になりました。

目的のアイテムが先に決まっていて生地が後の場合と、生地が目的でアイテムを後で決める場合があります。
今回のお客様は、後者ですね。

柄出しの場所を打ち合わせして決めて頂きました。



内側は猫の目と同じ色を選ばれました。

オーダーならではの楽しみですね!

内側は使用する方にしか目に入らない場所ですが、
他人の目より、自分自身の心の満足を大切にされているように感じました。

個人的にとても嬉しい、個性を感じる色の選択です。



生地をカットしました。

小さめサイズにしたのは、重量のある生地である事と、柄のインパクトのバランスからです。
当初クラッチバッグと迷われていましたが、実用性のある持ち手付きのシンプルなバッグに。



デザインがシンプルと言っても、作り方はちょっとだけ複雑です。

張りを出すシール芯と、レザー持ち手の補強用の厚手の芯を使用します。

何も、袋口にステッチを出さない為でもあります。



今回使用するレザーは、加工済のレザーコードです。

価格を抑えられる事もありますが、華奢ですっきりした印象になります。



ミシンで縫うつもりでいましたが、
勇気が無く、手縫いで取付してます。



外側が完成。



内袋が暴れないように、サイドの目立ちにくい部分のみステッチを入れました。



本日仕上がっております。

明日、検品しましたらご連絡しますね。
画像も改めてご紹介します。

小花柄 お散歩バッグ


夫が自宅で大切に育てている多肉ランドから、お裾分けしてもらいました。
アトリエ店頭の夏の暑さにも耐えてくれそう。



オーダー頂いたバッグが完成しました。
可愛い!

お客様は、リュック+手提げが基本スタイルの方です。(私も同じです)

最近リュックの荷物が減り、手提げの荷物が増えたとの事で、
以前より収納力のあるバッグを希望されました。



以前から定番のサイズ「お散歩バッグ」の大きさで製作しました。

たっぷり収納出来るのに、見た目は小振りなので、
リュックとの相性も良さそうです。



内側はナイロンを希望されました。

軽くて丈夫、汚れ難いので、日常使いのバッグに使用すると、
へたらず綺麗な状態で長くお使い頂けます。

使用感が出難いのが嬉しいですね。



細い持ち手は、芯を二重にする事で厚みを出してます。

元々厚手の生地は、薄くする事は出来ないですが、
薄手の生地は、芯を使い分けて理想の厚さに出来ます。



バッグ袋口にステッチが入っていないように見える仕様ですが、
実はしっかりステッチを入れてます。



ベージュの無地との境目にぐるっと一周入れてます。
特に持ち手部分は、ステッチを重ねて補強してます。



お客様は来店のご予約をして頂いたのですが、いらっしゃった当日、
「昨晩は、あまり寝れなかった。」と、おっしゃいました。

私より、かなりお姉さんのご年齢という事もあり、
「心配事や不安があるのかな。。」と思っていたら、

「明日アトリエに行ったら、どんな生地があるのだろう!と思ったら、
ワクワクして寝れなかった♪」との事。

!!!! ワクワク!?
お客様の素晴らしいメンタリティに驚かされたのと、
自分の仕事に誇りを感じる事が出来ました。

ご注文を下さり、ありがとうございました。

小花柄 バッグ製作


子株を出したので、移植しました。



製作の続きです。

内ポケットは、テッシュケースが横に入るサイズを指定頂きました。



取り出し易いように、片側にマチをお付けしてます。



もう一つのポケットには、手帳とペンが入ります。

この後、上部に見返してが付きますので、
ポケットは袋口より5センチ程下がった場所に位置します。



持ち手です。

手の小さな方ですので、細い持ち手を希望されました。
持ち手が貧弱にならないように、厚手の芯を二重に重ねてボリュームを出しました。



取り外し可能な底板です。



本日仕上がっております。

明日検品しまして、改めて撮影しますね。

<< | 2/35PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Kopor

Kopor(コポル)のホームページは、
こちらです。



〒153-0065
東京都目黒区中町2-32-6
1階 Kopor
TEL/FAX 03-3713-6604


お問い合せ kopor4@gmail.com

instagram

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM