自宅 棚板取付


久々に休日の様子です。

来週引越すお部屋の洗濯機上のスペースに棚板を取付る事に。

リフォームを担当してくれた内装屋さんが親切なのを良い事に、何でもやって貰っていましたが、
出来る事は自分でやらないと!という事で重い腰をあげる事に。

画像右のタオル掛けはプロの職人さんが付けてくれたのですが、
「サボテンが斜めだから、真っ直ぐ取付しても何故か曲がって見える!」
と、言っていたのを思い出しました。



工具箱の中で寝ていた水平器が、数年ぶりに登場。



ちなみに天井は懐かしい照明器具です。
私が昔勤めていた会社が製造した照明です。

勤務していた頃は、既に廃盤になっていましたが、
ガラスシェードのパーツ交換をよく手配した記憶があります。
今の様にメールではなく電話での問合せが主流の時代だったので、
「金魚鉢をひっくり返したようなシェードですね?」で大体お客様に通じる器具でした。

レトロな雰囲気ですが、重厚感のある素材を使用していて、
今となっては大変貴重な物に感じます。



こちらは、私が勤務していた頃も販売されていた器具です。
けっこう気に入っていて、お客様へよく提案していた器具です。

元々は夫の両親が家を建てた時に付けた器具ですので、なんとなく縁を感じます。
こちらの器具は、今でもモダンな雰囲気ですね。



取付けました。
確かに棚が曲がって見えますが、物を置けば目の錯覚はなくなるでしょう。多分。

内装屋さんは、私がいつも棚板をやバーをそこら中に付ける事を知っていたからか、
壁の下地にベニアを入れておいてくれました。

今住んでいる場所はコンクリートの壁で、アトリエはボードの壁です。
どちらもアンカーを使用するのですが、たまに失敗します。

下地がベニヤでなければ、自分で施工する気にならなかったかも。



ここは納戸だった場所なのですが、陽気なサボテン壁紙を貼った途端、
一瞬で以前の面影が消え去ってしまいました。

ここからまた新たな生活を積み重ねていけたらいいなと思う事に。。

引越し前に、メインのお部屋のスポットライトを塗装したかったのですが、お天気が悪く断念。
またにしますね。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Kopor

Kopor(コポル)のホームページは、
こちらです。



〒153-0065
東京都目黒区中町2-32-6
1階 Kopor
TEL/FAX 03-3713-6604


お問い合せ kopor4@gmail.com

instagram

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM