続 細ツイード バッグ製作


バッグの底面です。

角を丸めていますので、当たりや摩擦が軽減されて傷みにくい仕様です。
見た目にも優しい印象ですね。


仕上がると見えなくなる部分です。
表地の底面にプラスチック芯を挟んでます。


こちらは、取外し出来る底板です。
たわみやすい細長い底面ですので、二重の底板でしっかり支えます。


バッグ本体はこのような感じです。

持ち手のレザーは今週仕入れに行きます。
明日は手縫い糸の染色と、共生地でご注文頂いた小物類を製作します。

細ツイード バッグ製作


久しぶりのオーダー製作です。
オーダー受付を休止させて頂く以前にご注文頂いたお客様です。

本日最終の打合せの為に、ご来店されました。
どうもありがとうございます。
お待たせさせてしまったので、早速製作します。


生地はこちらです。
今回再度お取り寄せをしました。


生地をカットしました。

以前ブログでご紹介させて頂いたオーダーバッグのデザインを気に入って頂き、
仕様を少し変更してオーダーされました。


底部分です。

細長い底面に対して、書類など重い荷物入れる事を考慮してしっかり作ります。

黒のプラスチック芯はバッグの内側に内蔵させます。
しなりがあるので折れにくく、水などの濡れにも強い反面、硬い質感です。
その為、角の丸い底に使う事が多く、最近はクッション材と合わせて使用するようにしてます。

今回はプラスチック芯は単体でバッグに内臓させて、厚手のボードとクッション材を合わせて、取外し出来る底板も製作します。


内側はナイロンを選ばれました。
汚れが付きにくく落としやすいので、便利にお使い頂けます。


袋口はマグネットボタンで軽く開け閉め出来る仕様です。
続きはまた明日製作しますね。

フェイクファー ミニリュック完成


ご注文頂いたミニリュックが完成しました。


ショルダーの長さは、お客様ご来店時に調整致します。


背中部分です。


内側は綺麗な青緑を選ばれました。
小さなサイズですので、ポケットは無しです。


フワフワモコモコです。
後は、気温が下がるのを待つのみです。


ご注文を下さり、ありがとうございました。


残りの生地は全て在庫分用にカットしました。
定休日明けの土曜日にまた製作します。

フェイクファー ミニリュック


こちらの生地でオーダー頂いたミニリュックの製作に入ります。
お客様とは試作品を製作して、事前にサイズや仕様の打合せと確認をさせて頂いてます。


内側は綺麗な青緑です。
久々に使用する鮮やかなカラーの内布となります。


巾着式のリュックの為、ハトメ金具用に穴を開けます。
穴が広がらないように、芯を貼って補強してます。


金具を打ちました。
ファーの毛に隠れて、金具自体は殆ど見えない状態です。


紐を通しました。


紐は底面を回ってます。
バランスを確認しながら、手縫いで数カ所留めています。


今にも動き出しそうな雰囲気です。。


紐の調整するパーツを手作業で製作します。


この様な感じです。

お客様は黒のニットドレスに合わせるとの事で、リュックの紐は黒。
調整のパーツは、ファーの雰囲気に馴染む焦げ茶です。

また撮影しますね。

ブックカバー 製作


仕事でお使いになる専門書のブックカバーを2点オーダー頂きました。

常に持ち歩き頭に入れておく事で、いざという時に実践出来るようにしておきたいそうです。
表紙を拝見しましたが、とても難しそうな本でした。


こちらの生地は、中心で柄出しをします。


よく見ると、グレーに濃淡が有り、凝った生地です。


割と大きめのサイズです。
昨日、品渡しの為にご来店頂きましたが、サイズもぴったりでした。


内側の様子です。


もう一点はこのような感じです。
文庫本より大きなサイズとなります。

どちらもお仕事用の本ですので、色を抑えたシックな雰囲気の生地で選ばれました。


内側の様子です。

オーダーの打ち合わせの際にも、実物の本をお持ち頂き採寸させて頂きました。
専用のブックカバーになる為、遊びが出ないようにギリギリのサイズで製作してます。


ご注文を下さり、有難うございました。

犬のカラー&リード 完成


オーダー頂いたワンちゃんの首輪です。

お客様に写真を見せてもらった所、可愛らしい小型犬でした。
首輪の幅は2.5センチと太めですが、華奢で首輪が長めのワンちゃんには食い込みの負担が少ないと思います。


内側の様子です。
首輪の長さは、金具で調整出来ます。


オーダーのご相談の際に、実際使っている首輪を持って来て頂きました。
長さ調整の幅が広いベルトでしたので、ベルトを押さえる金具を使用してます。


この部分の金具も、お持ち頂いた首輪がプラスチック素材に合わせてます。
金属金具で製作する事もあるのですが、プラスチックの方が若干軽いです。


リードも完成しました。


お持ち頂いたリードには付いていませんでしたが、しっかり留めたかったので、カシメ金具を打ってます。


ベルト部分は、縫い代部分が両端に配してしっかりとした仕上がりです。


こちらは持ち手部分。


持ち手の内側部分です。

縫い代部分は中央1箇所です。
ベルトの両端は比較的柔らかい仕様で、中央がしっかり&ふっくらさせてます。

手で握った際の当たりを考慮してこの様な仕様にしてます。


愛犬と楽しいお散歩を。
ご注文を下さり、有難うございました。

RUBELLI Orion リード製作


リード製作をします。

縫い代が片側だけの方が厚みは抑えられるにですが、見た目に不均衡になるので、
両側に縫い代を配してます。

こちらは、犬の首輪から持ち手の手前までのパーツです。


テープが通ったイメージです。

縫い代が重なる両端の極を避けて、仕上がり幅より少し細めのテープです。
両端に仕上げのステッチをかけると、テープが通る部分が少し盛り上がるイメージです。


今回の最難関。
裏側のテープを表に返す、です。

薄手の生地だとそう大変でもないのですが、厚地だと難しくなります。


画像だとあっと言う間ですね。。
表に返りました。


テープを通して、ステッチを入れました。
女性用のベルトとしても使えそうな位しっかりとしていて、ふっくら綺麗です。


裏表同じように生地で包んで仕上げて欲しいというお客様のご要望でした。
リードは金具でクルクル回転するので、確かにこの方が綺麗ですね。

この後、リード持ち手部分を製作します。
仕上がりましたら、またご紹介します。

RUBELLI Orion 犬の首輪 製作


こちらは試作で実験段階。
プラスチック金具に通るかどうかが、最難関です。
イタリアのRUBELLI の生地でワンちゃんの首輪をオーダー頂きました。

お客様は5月の連休のイベントでお逢いした方です。
イベントは一年に1回位のペースが私には丁度良いので、また来年も縁があれば是非参加させて頂きたいと思ってます。


首輪とお揃いでリードもご注文頂きました。
幅2.5センチの仕上がりですが、各々製作方法を変えます。
生地カットの状態では、幅は全てバラバラです。


Orion という生地名の通り、満天の星空のような雰囲気です。
星の並びは均一ではないのですが、ベルトの中心に柄合わせしてます。

生地の厚みが最大の難関なので、接着芯は貼らないほうが薄くしあがるのですが、
こちらの生地は接着芯を張るとさらに美しくなるので、薄手の芯を貼ります。


ちなみに、こちらが接着芯貼る前。
充分綺麗です。


こちらが貼った後。
わかりにくいでしょうか。。。

元々綺麗な人が、薄化粧をしたような感じです。


カットしました。
普段であれば、ここでロックミシンをかけるのですが、
厚みを軽減する為、今回はかけません。

今回は仕上がってしまえば、ほつれる心配はありません。
制作中にほつれないよう、私が気を付けるのみです。


テープをカットしました。
ブルーのテープは内側に内蔵されるので、表には出ないのでご安心下さい。
製作方法によってテープの幅に少し差を付けてます。


首輪から製作します。

内側はテープが露出する作りです。
実験段階ではテープを内蔵させたのですが、厚みが出てしまい長さ調節が困難でしたので諦めました。


見えている部分はさらに折り込み見えなくなる部分ですが、
厚みが出ない様、不要な部分は出来るだけカットして、木槌で叩いて薄く仕上げます。


すっきりとして綺麗に仕上がってます。

この後は、リードの製作です。

犬の首輪 ターコイズブルー


いつものワンちゃんのお客様より、こちらの生地で首輪をオーダーいただきました。
ワンちゃんは、今年で10歳になるようです。

偶然にもこの後もワンちゃんの首輪&リードを別のお客様よりオーダー頂いてます。
こちらの方は、金具が到着しましたら製作に入ります。


市販の首輪に比べると、肉厚な生地で製作する事が多いです。
金具に通す為に、一部を木槌で叩いて厚みを減らします。


綺麗なターコイズブルーです。


金具を通しました。


反対側も。


夜のお散歩用ライトや、迷子になった時の連絡先のタグを取付るベルトを付けます。
こちらは完成後の取付も可能です。


裏側です。

内側はテープが露出してます。
テープを生地の内側へ内蔵させる方法もあるのですが、厚みで金具に通らなくなる可能性を考慮してこのような方法です。

次のオーダー製作のお客様の首輪も同じ方法の予定ですが、
生地が薄手である事と金具のサイズが大きいので、ギリギリ通るかも知れないので現在試作で実験中です。


完成しました。
こちらのお客様の首輪2センチ幅です。

淡いベージュの毛のワンちゃんですので、鮮やかな色の首輪が映えそうです。
ご注文を下さり、有難うございました。

お祭用千代掛け 完成


オーダー製作の続きです。

紐を両側に取付ました。
紐の先端がほつれないように結んでいますが、嵩張りが気になります。


結び目を解き、カットしました。
紐の外側は化繊なので、ライターで炙り、熱で溶かして固めます。


内側の繊維は天然繊維のようなので、ボンドで固めます。


ボンドが乾くまで、お昼休憩です。。


固まりました。
ついでにペンチで平たく潰しました。


内布を取付ます。


手縫いで取付します。


完成しました。
お祭の半被の懐に、収まるサイズです。


メガネを入れるポケットです。
お客様は折り畳み式のコンパクトでお洒落なメガネをお持ちでした。


市販の千代掛けには無い、ファスナーで分割して収納出来る仕様でオーダー頂きました。


この様な感じです。


次回のお祭は来月8月との事です。
ご注文を下さり、有難うございました。

| 1/20PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Kopor

Kopor(コポル)のホームページは、
こちらです。



〒153-0065
東京都目黒区中町2-32-6
1階 Kopor
TEL/FAX 03-3713-6604

営業時間 13:00-19:00
定休日 木曜日・金曜日
お問い合せ kopor4@gmail.com

about

Koporは、インポートファブリックを使用し、お客様のお好みの柄とデザインで、バッグをお作りしております。

online shop

お買い物は、こちらです。

instagram

臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら11/19(月)、店舗の営業をお休みさせて頂きます。

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM