アクセサリーポーチ 完成


お祈りのためのロザリオを収納するポーチが完成しました。

定番の丸ポーチもお使い頂いているのですが、
今回のロザリオは大きめのサイズの為、ポーチも寸法を大きくしてご注文頂きました。


厚みは、定番丸ポーチと同じです。


生地のアップ。
とても美しい生地です。


反対側の柄出しです。


ファスナーも色を合わせて取寄せしました。


定番の丸ポーチと同じく、クッション剤を挟んで仕上げてます。
縫い代をバイアスで包んでいる為、収納したアクセサリーがファスナーの歯に当たりにくい仕組みです。


ご注文を下さり、有難うございました。

お化粧ポーチバッグ 完成


ご注文頂いたお化粧ポーチのバッグが完成しました。

前回別の生地でお作りしたのですが、気に入って頂けたようで、
同じ仕様で再度ご注文を頂きました。


適度な厚みのマチですので、バッグに入れても嵩張りません。


内側はこのような感じです。
口紅など小物類を縦に収納出来るので取り出したい物が一目でわかり、使い勝手が良いです。


ファスナーもラウンドさせて大きく開きます。


レザー持ち手が付いて、きちんとした印象です。
お化粧室のフックなどにも掛けられるので便利ですね。


ご注文を下さり、有難うございました。

オーダーアクセサリーポーチ 製作


オーダー頂いた製作に合わせて、CDを取り寄せしてました。

ゴールデンウィークを挟んだせいか、依頼したレコード屋さんがのんびりしていたのか、マニアックなCDだったのか。。
けっこう納期がかかりました。

お客様お勧めの混声合唱の曲だったのですが、取寄せしたCDは女性のソロでした。
何かが違うようなのですが、そもそも作曲家が違っていたのかも知れません。

でも、こちらもとても美しい曲です。
オーダー製作の時はゆったりとした音楽が合うので重宝すると思います。
混声合唱のCDもちゃんと調べて、手に入れたいと思います。


ファスナーが入荷しましたので、オーダ頂いたポーチを仕上げます。


お祈りの為のロザリオを収納するポーチとしてご注文頂きました。
ロザリオの画像やイメージをお知らせして頂き、生地はお任せで製作させて頂いております。


丸く縫います。


けっこう縫いにくいのです。
先日出店しましたイベントでも丸ポーチはご好評頂きました。
特にこだわりのある方に支持して頂けたように感じます。


こちらも、また明日撮影しますね。

お化粧ポーチバッグ 製作


レザーを加工してます。
カットした断面も磨いてから、着色してます。


本体が完成しました。
来週仕上げる予定でいましたが、このまま本日仕上げます。


先程加工したレザーのタブです。


手縫いで持ち手を取り付けます。
ミニチュアバッグのような可愛らしく仕上がっております。
明日撮影しますね。

生地カットしました


オーダー頂いているアイテムの生地カットを行いました。

こちらは、お祈りの為の装身具を収納するポーチです。
定番の丸ポーチより一回り大きなサイズでご注文頂きました。

土曜日にファスナーが入荷予定ですので、
入荷次第、縫製に入ります。


こちらはバッグ型のお化粧ポーチです。
以前ご注文されたアイテムなのですが、今回生地を変えてオーダー頂きました。


先に出来る所まで製作します。
内側は、仕切りの沢山あるポケット付きです。


レザーの持ち手が付きます。
小さなバッグのような形状ですので、スマートな印象でお使い頂けると思います。


ファスナーで開閉します。

続きは定休日明けの土曜日に行います。

茶杓入れ


茶杓入れを製作します。
繊細な柄の所を生地取りました。


内布付きです。


ここからは手縫いです。
針の通りが悪い硬い部分の為、レザー用の手縫針でやっと縫っている状態です。


完成しました。


茶杓の出し入れ口。
サイズを変更すれば、メガネケースなどに応用出来そうな構造ですね。


小さなケースですが、見る方向でいろいろな柄出しが楽しめます。


とても素敵な3点セットです。
ご注文を下さり、有難うございました。

明日は同じモロッコ文様の生地でオーダ頂いておりますお化粧品用ミニバッグの生地のカット(製作は来週です)と、
アクセサリーポーチ(丸ポーチ)をご注文頂いている方の生地カット(ファスナーは週末入荷します)を行います。

茶碗入れ


茶碗入れを製作してます。


鋭角部分の先端の処理が難しい所です。


表側です。


内側生地を合わせて縫います。


サイドの柄合わせです。
生地の柄出しリピートと今回製作したサイズがぴったりでした。


袋の内側はこの様な感じです。


底部分。


茶碗を収納するとこの様な感じです。

茶器入れ


茶器入れより製作します。
美しい柄出しの為に、正方形を斜め45度で生地をカットします。

ちなみに私は数学のセンスゼロの為、
三角形の斜面の数値は父に電話で聞いて出してもらいました。

以前に円周の出し方を確認した時は、娘の知能の低さにショックを受けている様に感じましたが、
今では何を聞いても驚かなくなったようです。


厚手生地の為、徹底的に厚みを減らすようギリギリまで生地の重なりをカットします。


包んでしまうと見えなくなる部分です。


お客様はお気に入りの茶器を使用して、ご自宅で茶道を楽しまれているそうです。
日常に茶道を取り入れている所がとても素敵だと思いました。


生地を重ねている部分は、手縫いで縫ってます。


表側です。
この部分の柄出しをする為に、斜めに生地取りをしました。


包むとこの様な感じです。

試作品 製作



試作品を製作してます。
こちらは茶器入れです。

お客様からお預かりした茶器入れに準じて製作します。


お預かりした品は薄手生地の為、生地の端は三つ折りなのですが、
お選び頂いたKoporの生地は厚手の為、生地の端はバイアスで処理して2つ折りで仕上げます。


こちらは茶碗入れです。
ちなみに実際の製作は、モロッコブルー文様の生地です。


こちらは内布付きです。

今は試作段階ですので、要所の確認で細かい部分は省いて製作してますので、
多少見苦しい所もあるかと思います。


こちらは茶杓入れです。
厚手の生地で小さな物の製作は、綺麗に仕上げるのが難しいです。


試作段階の為、ミシンステッチで製作してます。
本製作では、手縫いでステッチの出ない仕上げとなる予定です。

また撮影しますね。

オーダークッション 完成


オーダー頂いたクッション、仕上がりました。

こちらは50センチ角です。
柄出しは同じ所を出してます。


反対側です。
大きな柄に対して丁度良いサイズのクッションです。


縁が付くと豪華ですね。


繋ぎ目部分もあまり目立ちません。


家の中がパッと明るくなるような生地ですね。


こちらもとても豪華です。
ペガサスを4頭配置した柄出しです。


反対側は同じくペガサス4頭の柄出しと、大きなお花を中心にした柄出しです。


一見奇抜な色合わせですが、どちらもシルク素材で上品な仕上がりです。


お客様が1番気にされていたコーナー部分、仕上がりをご覧頂き満足して頂きました。
ご注文を下さり、有難うございました。

この後は、茶道の道具用の袋物のオーダ製作に入ります。
試作等を製作しますので、本番製作に入りましたら、またご紹介致します。

| 1/18PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Kopor

Kopor(コポル)のホームページは、
こちらです。



〒153-0065
東京都目黒区中町2-32-6
1階 Kopor
TEL/FAX 03-3713-6604

営業時間 13:00-19:00
定休日 木曜日・金曜日
お問い合せ kopor4@gmail.com

about

Koporは、インポートファブリックを使用し、お客様のお好みの柄とデザインで、バッグをお作りしております。

online shop

お買い物は、こちらです。

instagram

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM