刺繍チューリップバッグ 完成


短い持ち手が可愛いらしいバランスのバッグです。

お客様は、蔓を材料としたとても素敵な籠バッグを製作されてます。
製作途中のバッグを持ち運び用のバッグとしてご注文頂きました。


反対側の柄出しです。


内側の様子です。


柔らかくて、しっかりとした肉厚の持ち手です。


大きな花柄ですが、刺繍で描かれているので、大人っぽい可愛らしさですね。


荷物が多くても少なくても対応出来る、小さめのマチをお付けしております。
ご注文を下さり、ありがとうございました。

刺繍チューリップ バッグ製作


刺繍チューリップ生地でご注文頂いたバッグを製作します。
バッグ本体のサイズは、以前製作しました在庫品(販売済みです)と同じです。

柄全体がバランス良く出て、なおかつ無駄が少ない柄出しです。


生地をカットしました。


内ポケットは1ヶ所です。


裏側はこのような感じです。
薄手の生地ですので、負荷のかかる部分や厚みが必要な所に接着芯を貼ってます。


マグネットボタンの部分は、かなり厚手になってます。
表からも明らかに厚みが解ってしまうのですが、強度を優先してます。

ちなみにこの部分を表地で製作する事もあります。
今回の生地は、刺繍部分を避けなくていけません。
柄出しの為のコストが高くなってしまうので、内側の無地生地で製作してます。


持ち手を製作します。

手で持った時に長くならず、肩からも下げられる持ち手のご要望が多いのですが
お客様は、肩からバッグを提げる事はないとの事。

ご相談した結果、バッグとのバランスも考慮して短い持ち手となりました。

長い持ち手は便利なのですが、短い持ち手はお洋服も傷みにくい長所もあります。


持ち手を表に返してます。


表に返りました。
ステッチが入らない持ち手となります。


内側にテープをいれました。
厚みが出て、しっかりとしていながら柔らかな感触です。

完成しておりますので、明日撮影致します。

丸ポーチ 完成


ご注文頂いた丸ポーチが完成しました。


撮影の為、ピンクのレザーコードを付けてますが、実際はご来店時にお客様に選んで頂きます。


反対側の柄出しです。


ファスナーで開閉します。


部分的に出ている濃いグリーンの刺繍が綺麗です。


大きな花がメインの生地ですが、貴重な小花部分です。


ご注文を下さり、ありがとうございました。

丸ポーチ 製作


丸ポーチを製作します。
こちらは内側部分です。


このような感じです。


表生地は、刺繍生地です。
ほつれやすいので、予め縫い代部分を糊で固めてしまいます。


ファスナー部分です。
せっかくなので、刺繍の豪華な部分を柄出ししました。
磨きのかかった金属ファスナーと相性が良いです。


表地も縫製します。


形を綺麗に出したいので、芯材を挟みます。


縫い代を割りました。


表側も完成。


内布を合わせます。
ここまで来ると、なんだかホッとします。


手縫いでチクチク縫い付けます。


完成しました。
明日また撮影しますね。

麻生地×ブルーレザーバッグ 完成


ざっくりとした麻生地とグリーンがかったレザーの組合せが上品で優しい印象のバッグです。


大きなマチのたっぷりとした容量です。


横から見た図です。


内側は、綿麻のストライプ生地です。
ファスナー付きの仕切りで、バッグのマチを二分してます。


持ち手のバッグとの取付面は、手縫いで縫製してます。


ちらっと見える内側のストライプも綺麗ですね。
ご注文を下さり、ありがとうございました。

麻生地×ブルーレザーバッグ 製作


入荷しましたファスナーでバッグの仕切りポケットを製作してます。

お客様は、無造作にバッグの中に物を収納する事が多く、
頻繁に荷物がバッグの中で迷子になってしまうそうです。

バッグインバッグをお勧めしましたが、今まで試したけど好きになれないとの事。

ご自身で使い勝手をいろいろ考えて、
今回の仕切りファスナーポケットをご提案頂きました。


15センチの大きなマチのバッグですが、
仕切りがある事で荷物が迷子になりにくそうです。

仕切り自体も収納が出来るので便利そうです。


袋口をレザーで巻きました。
実際は、もう少し落ち着いたブルーです。


持ち手を手縫いで取り付けたら完成です。
明日には仕上がる予定です。

丸ポーチ 製作


製作中のバッグのファスナーが到着するまで、次の方のオーダー製作に入ります。
在庫品の丸ポーチをご覧頂き、同じ仕様で生地を変えてオーダーを頂きました。

お客様と打合せさせて頂き、小さな花柄部分を柄出ししてます。

生地はイタリアのRUBELLIです。
次回入荷の生地はご注文頂いている無地のコットン3点の他、
大人の女性を意識してセレクトしました生地が8点、計11点が入荷致します。

そのうちの4点がRUBELLIの生地となります。
是非、楽しみになさっていて下さい。


丸ポーチの蓋部分です。
こちらには、クッション性のある芯材を入れてます。


ファスナーが到着しました。
バッグのオーダー製作を仕上げましたら、続きを製作します。

持ち手製作&仕切りファスナー試作


持ち手にステッチをかけました。
前回オーダーで製作させて頂いた黒のレザーより少し幅広です。
幅が広くなった分、コンマミリ単位で厚みを調整してます。


普段は試作をブログで公開する事はないのですが、間仕切りファスナーの様子です。
実際のファスナーは両開き(土曜日入荷予定です)、生地は綿麻のブルーのストライプです。

続きはまた製作致します。

持ち手製作


昨日の閉店時です。

いつの間にか陽が伸びていて、空の明るさに驚かされました。


持ち手の製作です。
色はブルーなのですが、みどりがかった面白い色です。


こちらは、袋口の3つ巻き部分。
そのままだと硬いので、革を柔らかく馴染ませます。


持ち手部分も加工しました。
続きまた明日です。

麻生地×ブルーレザーバッグ 製作


本日は猛暑の1日でした。
2017年後半のスタートとなる、7月の製作を気を引き締めて行います。


こちらの生地で大きめサイズのバッグを製作します。
お客様に、普段使いやすいバッグをお持ち頂き、サイズを参考にご相談させて頂きました。


マチが15センチのたっぷりとしたサイズです。
柔らかなラフな仕上がりをご要望でしたので、底板や厚手の芯は使用しません。


内側は綿麻のブルーのストライプです。
ポケットが多いと、どこに入れたか分からなくなってしまうとの事で、内ポケットは1ヶ所です。

その代わりにバッグのマチを二分するように仕切る、
ファスナーポケットを製作します。

ファスナーの入荷は今週末の予定の為、先にレザーの加工に入ります。
続きはまた明日製作します。

| 1/10PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Kopor

Kopor(コポル)のホームページは、
こちらです。



〒153-0065
東京都目黒区中町2-32-6
1階 Kopor
TEL/FAX 03-3713-6604

営業時間 13:00-19:00
定休日 木曜日・金曜日
お問い合せ kopor4@gmail.com

about

Koporは、インポートファブリックを使用し、お客様のお好みの柄とデザインで、バッグをお作りしております。

online shop

お買い物は、こちらです。

instagram

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM