色。


今日の午前中、また新たな不思議な人に会いました。
自称78歳の元ペンキ職人さん。

店の作りを褒めてくれた上で、
「自分だったら、壁の白塗料に少しだけ黒を混ぜる。」と。

その方曰く、その方が実は白より白く見える。
そして強い反射がないので、見た目に優しい。

なかなか興味深い内容だったので、聞き出せそうな事を全て聞いてみたところ、
「あなたは、聞く耳を持ってる!」と言ってくれました。



とは言え、今は塗り直すタイミングではないので、
入り口の古くなったラグを変える事に。

先程の方のアドバイスでは、自然界の法則で下から濃い色(地面の色)、上に行くにつれて明るい色(空の色)
このバランスが調和の取れた配色との事。

濃い色合いで、白壁の反射を抑えるような多色使いのラグになる予定です。



さて、神楽坂でご注文頂いたバッグの生地の発注が終わったので、糸を発注をします。

こちらは、「パンプキン」という色名のオレンジ。
なかなかの発色です!



こちらは、日本語に訳すと・・・「硫黄」。

明るい夏の日差しが似合いそうなイエローですね。



こちらはレーシンググリーン。
以前もご紹介しましたが、イギリスの古いレーシングカーの緑。

カチッとした印象のバッグにするので、
糸もワントーン暗い色を新たに発注します。



ミッドナイトパープル。
右が今までの色、左が新たに発注する色です。

束になると右は違和感があるのですが、実際ステッチ入れる馴染みます。



こちらはグレープ。
パープルがかったグレーで、微妙な色です。



コーラル。
すごく迷ったので、外で見てみました。
結果、こちらの17番はやめました。



こちらのオレンジが少し入った18番に決定。



こちらの色名はなんと、無煙炭。
白のステッチ糸を指定頂いたのですが、先程の職人さんの言葉が引っかかり、、



こちらの510番少しだけグレーの入った白に。
お客様も確認したら、「面白い!」と、言って頂けました。

確かに白より白く、白浮きしないように見えますね。

繭型バッグ 製作


さて、先行受注会でご注文頂いたバッグの製作に戻ります。
本日は繭型バッグのお客様です。
Koporのお客様は、長年お付き合い頂いている方が多いのですが、
こちらの方も感慨深くなる位に長くご利用頂き、有り難く思ってます。



パッチポケットの取付を撮影してみました。



コツは、真剣に適当に縫う事でしょうか。。



だんだん縫い難くなってきます。



ゴール!



ふっくらしてます。



補強のステッチは、手縫いで。
ミシンだとちょっと難しい場所です。



内側の縫い代です。
ロックミシンをかけてますが、ほつれたら嫌な場所です。



透明のボンドで固めてます。


今週から来週は、臨時休業が多く不定休になります。
営業日については、ホームページにてご確認をお願いします。

持ち手比較


昨日仕上げたバッグです。
こちらは、オーダー頂いた品です。



こちらは、最初に製作した在庫品です。
持ち手のちょっとしたデザインで印象が変わりますね。



左は女性らしい優しい印象、右はしっかりとした印象です。



画像では分かりにくいですが、
右の在庫品持ち手にはクッション材を挟んで仕上げてます。

レザーの色は、もともと個体差がありますが、
時間が経過するとグレーが退色してベージュが強くなる印象があります。

ご注文を下さり、有難うございました。

ピュアモリス いちご泥棒 レザーハンドルバッグ完成


生地が一点、予定より早く入荷しました。
こちらは製作用ではなく、店内での撮影用です。

着画が参考になるというお客様の声を頂き、着画背景用の生地です。



こちらの生地は暗幕(遮光1級)。
シワになりにくい、しなやかで柔らかい質感です。



出入口の窓からの光が逆光になってしまうので、
完全遮光する為に仕入れました。

私自身、寝室の朝は明るくないとダメ(いつまでも寝れるので)なのですが、
寝室を遮光されたい方のカーテンなどにお勧めです。



昨日の続き、レザーハンドルを手縫いしてます。



仕上がりました。
お客様にご来店頂き、直接ご意見ご要望などの打合せが出来て本当に良かったと思います。

持ち手のボリュームや取付面の形状など、バランス良く仕上がりました。
柄出しも素敵ですね。



内側の様子です。



反対側です。
今後また違う生地でも製作したいバッグです。

明日、検品しましたら発送の梱包を準備します。

この後もオーダー製作の様子が続きます。
Instagramでは、すぐお買い求め頂けるオススメの在庫品をご紹介してます。
是非、ご覧になられてみて下さい。

いちご泥棒


晴れましたー。
明るい日差しに映えるよう、黄色の花を飾りました。

子供の頃は黄色が苦手だったのですが、
年齢を重ねて現在は、様々な色の良さを素直に楽しんでます。



雨上がりだったので、外をざっと掃除して花を飾りました。



在庫の少ないペンケースが完成。



時間の関係で、仕上げたのは2点のみです。



ご注文頂いたバッグ製作の続きです。
本日はいちご泥棒のギャザーバッグを製作してます。



ギャザーの影響の無い、底に近い所に鳥の柄を配置してます。

続きは定休日明けの土曜日に行いますね。

ギャザーバッグ 製作


今日も寒く薄暗いお天気。。
明日は晴れるでしょうか?

午前中はこの様に、カーテンを閉めて作業してます。
お昼にお弁当を食べたら、カーテンを開けて開店。

開業から約3年間は週休1日で営業していました。
当時は時間を上手く使えず、午前中に仕入れに行ってお昼を食べ損ねたり、
寝坊して、開店ギリギリで出勤したり。。

自分を大切にしないと、家族やお客様にも迷惑がかかると解り、
以来、のんびりペースを保ってます。

結果的に休日にお弁当を作ったり、材料の仕入れがてら街を散策する
心の余裕が生まれて良かったと思ってます。



ギャザーバッグのギャザーを寄せてます。
ギャザーは手縫いでステッチを入れて製作してます。

手縫いに対してネガティブに思わなくなったのも、
週休2日制の導入と、鍼灸院に通い始めてからからです。



ギャザーを整えます。



共生地で包みます。
ノースリーブワンピースの首元をヒントに出来たバッグです。



包み終わりました。



ステッチを溝の部分に落としているので、目立ちません。

明日の明るい時間に検品作業をしまして、
発送準備と仕上がりのご連絡を致します。



中途半端な時間なので、
在庫品の小物製作を少し進めました。

では、また明日です。

アトリエの灯り


寒く薄暗いお天気でしたね。
このような日はバッグの撮影には向きません。。

ほっこり温かい色合いの物を撮影したくなり、
アトリエの照明を撮ってみました。

こちらのスタンドはガラスで覆われているので、
冷たくなった手を温めるのに便利です。



こちらはポリカーボネイトなので、高い場所に置いてもなんとなく安心。



こちらは、隙間から漏れる光が素敵です。
その分、埃の掃除が大変ですが。

現在、受注品バッグとポーチは展示から外してます。
画像の持ち手レザーバッグは、在庫品です。



丸い外灯もお気に入りです。



レッスンのカーテンにもスポットを当ててます。

こちら側からカーテンの向う側は、透けにくく、
カーテンの向こう側からは良く見える工夫です。

カーテンの向こう側で誰か来ないか確認しながら、
こっそりオヤツを食べるのに便利です。



カーテンバトンは、付けておいて良かったと思う一品です。

手でカーテンを開け閉めしない分、生地の汚れや傷み方が違ってきます。
ちなみに7年経過しますが、まだこのカーテンを洗った事がありません。。



小さな作業スペースにぴったりの照明。

開店の際、友人達がプレゼントしてくれました。
作業の際に欠かせない、身近な存在の灯りです。



ギャザーバッグ、少しずつ完成してます。
明日仕上がった方には、ご連絡しますね。

ウィリアムモリス メルセッター


先行受注会でオーダー頂いたバッグです。

お客様は鳥の柄出しを希望されたので、この様な感じです。
ちなみに鳥は3種類います。



反対側はこの様な感じです。



内側は薄手のナイロンを使用してます。



ショルダーは、ミシンでは難しい場所なので手縫いで取付してます。



ご注文を下さり、どうもありがとうございました。



同じ生地でのギャザーバッグも明日仕上がる予定です。
またご紹介しますね。

生地入荷 その2


こちらはアトリエでの先行受注会にて、ご注文頂いたお客様用の生地です。
神楽坂フラスコさんでの受注会でもご注文頂けます。

いちご泥棒とリトルチンツは国内で在庫している生地の為、
予想より早く、前もって発注していた海外在庫の生地と同時に入荷しました。



改めてご紹介します。

こちらは、ウィリアムモリスのメルセッターという生地です。



こちらはハニーサックル。



いちご泥棒。



リトルチンツ。



リトルチンツは合計4色。
バッグをご注文の方は、色違いでも選んで頂けます。
サンプルが小さいので、想像力のある方にオススメです。。



こちらは、既に入荷していた生地でしたが、
まだご紹介していなかったような気がしたので。



この辺の生地は全て会場へ持ち込む予定です。
無地101色のサンプル帳も持参しますよ。



ご注文頂いたカーテンも入荷しました。
レースカーテンを4箇所分です。



ピンストライプのすっきりとした印象のカーテンです。
最近、再び照明やカーテンのご相談が多くなってきました。

ご近所のお客様に限りカーテンの販売も出来ますが、
ご来店頂いた際に簡単アドバイスのみも出来ますので、お気軽にお声掛け下さい。



さて気を引き締めて、これから2月下旬まで(一部の方は3月上旬)
先行受注のお客様の製作を本格的にスタートします!

生地入荷 その1


新しい生地が入荷しました。

こちらは2/28-3/4神楽坂フラスコさんでの、
受注販売会で使用する生地です。

Instagramのストーリーにギャラリー展示イメージの図面を掲載しましたが、
ご覧になられた方は、あの部分に使用するんだ。。と思って頂けると思います。

現在は閲覧終了してますが、子供のお絵描きみたいで恥ずかしいので、
ブログに掲載するのはやめておきます。。

こちらの生地はフラスコさんでの受注会へご来場頂いた方よりご注文を承ります。

アトリエでのご注文は現在納期の確約が出来ない為、しばらくお休みを致します。



こちらは以前取寄せした事がある生地ですが、
とても素敵だったので、再度仕入れました。



インドっぽい雰囲気の生地です。
動物や植物など自然が描かれてます。



なんとなく今の気分だったので、色違いも取寄せました。
合計4色で猛烈に悩みましたが、今回はこちらの2色を。

ギャラリーの白い壁に、天井から吊るす予定です。



ピコ太郎(懐かしい。。)みたいな可愛いおじさんが、ポイントです。

ゴメンナサイ。
このおじさんの柄は、あまり出てこないので、柄出しの指定は出来ません。

| 1/137PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Kopor

Kopor(コポル)のホームページは、
こちらです。



〒153-0065
東京都目黒区中町2-32-6
1階 Kopor
TEL/FAX 03-3713-6604

現在店舗としての営業はお休み中です。
お問い合せ kopor4@gmail.com

instagram

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM