ピュアマリーゴールド バッグ


ウィリアムモリスの新作 ピュアマリーゴールドの生地で製作します。

麻特有のチクチク感やゴワゴワ感の無い、しなやかで滑らかな生地です。


しっかりした生地では無い為、持ち手はテープを内蔵させて補強します。


ふっくら肉厚な持ち手となりました。


比較的カジュアルな生地ですので、留め具はホックでアクセントに。


ワンハンドル風ですので、袋口が窄まりふっくら上品な三角形となります。

パイナップルバッグ


朝は冷たい雨でしたが、お昼から日差しが出て来ました。
これからは、春夏に向けての明るい生地がメインで製作します。


アンテナを置いて、職場でのラジオを解禁しました。
ご来店の場所が、作業場的な雰囲気になるのを懸念して、今まで躊躇していました。

自分の製作環境も大切なのですが、お客様も大切。
お客様に喜んで頂ける企画を少し先ですが準備中です。


パイナップル生地でバッグを製作してます。

本体は生地の素材を生かして薄手の接着芯を貼ってます。
持ち手はしっかりさせる為に、もう少し厚手の接着芯を。
厚みが増す分、幅の狭い華奢な印象の持ち手に。


内側も久々にカラフルな色のコットンに。

生地の厚みがサイドに集中しない為に、見返し部分の縫い代は中央へずらしてます。
この方法だと、適度な厚みとしなやかさが両立するので個人的に気に入ってます。


このような感じで仕上がってます。

大きなサイズだと、インパクトが大きくなるし、
小さいと何だかわからなくなってしまう。

丁度良い、さり気無く持てる大きさです。
A4のファイルも収納可能です。


次はこちらの生地で、ワンハンド風の大きめバッグを製作します。
秋冬はレザーハンドルで製作しましたが、今回は持ち手を共生地で製作します。

パイナップル生地 バッグ製作


来シーズンのバッグ製作を開始します!

とてもユニークで美しいパイナップル柄です。
柄がまあまあ大きいので、バランスが良く無駄の無い用尺で製作します。


本日より製作しました商品は、オンラインストアでは来月末〜2月上旬あたりの販売予定となっております。

先日お知らせしました通り、
オンラインストアは今月25日をもちまして一旦休止とさせて頂きます。

来年よりKoporのオンラインストアは期間限定で月に一回、6日間程度の運営となります。
どうぞよろしくお願いします。

丸ポーチ 完成


個人的なお知らせですみません。
8年使用したガラケーが遂に役目を終えました。(壊れました)

お電話やメールを頂いておりましたら、申し訳ございません。
アトリエの固定電話(03-3713-6604)と、メール(kopor4@gmail.com)にてご連絡をお願いします。


今日は拍子抜けするような暖かさでしたね。
ヒヤシンスが季節を勘違いしてしまいそうです。


引続き、丸ポーチを製作してます。


通常、小物類は生地の価格で値段にも差が出るのですが、
丸ポーチだけは残布で製作する事が多いので、お値段は均一です。


引手コードを付けたら完成です。
明日撮影しましたら、オンラインストアへ掲載予定です。

丸ポーチ 続々製作中


今年もあと1ヶ月を切りましたね。
12月は、なんとなく気忙しいです。


刻々と時の流れを実感するのも12月かも知れません。
子供の頃はクリスマスを心待ちにして、そのままお正月へなだれ込むというパターンでした。


大人になった現在は、今年の反省と来年の豊富を考える時期になりました。
1日を悔い無く生きる事に重点を置くようにも。

写真と文章が全然合ってませんね。
こちらは、フェイクファーバッグで使用したテキスタイルのブックです。
綺麗なので、カウンターへ置いてます。


いろいろ気持ちを整理していたら、ディスプレイにも統一感が出てきたように感じます。


丸ポーチ、続々製作中です。

ミリ単位で型紙を今回調整しました。
より綺麗な仕上がりになったと思います。


厚手の生地もコロコロとしていてとても可愛いです。
また明日続きを製作します。

丸ポーチ 製作


12月に入り、冬めいてきました。
今年は暖かい秋でしたね。


季節を感じるディスプレイをしてみました。


春の始まりは黄色の花が多く感じますが、
一年の終わりは赤い花のイメージがあります。


現在の生地の在庫状況です。
秋冬生地は、ほぼカット済みです。
来週末には、来シーズン用の新しい生地が入荷予定です。


在庫が少ない丸ポーチを製作してます。

まん丸に仕上げるのは、技術的に少し難しいのですが、
手にした時の感触がとても心地よいです。


続きはまた明日製作しますね。

コツコツ完成中。


アトリエの前の街路樹です。

紅葉を楽しみたいう近隣の方々の要望で、枝の伐採がこの地区だけ来月に伸びたそうです。
なので、この辺りのみ綺麗な紅葉が楽しめます。

元々、落ち葉の問題から紅葉の時期の前に区の業者さんが枝を丸刈りにしていたようです。
紅葉を楽しむには、誰かが落ち葉を掃除しなくてはいけないし、
掃除を楽にするには、紅葉を諦める。

シンプルな法則ですね。

ちなみにこちらの木の落葉は、紅茶のような芳ばしい香りがします。


「木」繋がりでこちらの画像。

数ヶ月前ですが、私の自宅の窓のすぐ側に鳥が巣を作りました。
しばらく鶏肉が食べられなくなりましたが、雛が巣立った時の感動と喪失感は忘れられません。

木のある環境は、心が豊かになるように思えます。


楕円型ポーチ、少しずつ完成してます。


続きは定休日明けの土曜日に製作します。

まだまだ製作中です。


ちょっぴり変化が。
毎年育てるヒヤシンス、春が来る楽しみを花に託していたようです。


自分自身にも前向きな変化が。
来年はチャレンジする年になる予定です。


製作と受注・販売のメリハリをどの様につけるのか、
何を始めて何を止めるのか。

年末までに頭の中を整理します。


製作の続きです。
ファスナー付けの作業に入ります。


曲線を縫うと、腕がパンパンになってしまうのですが、
この後もまん丸ポーチの製作が控えてます。

続きの製作はまた明日です。

引続き製作中。


連休明けの本日も気持ちの良いお天気でした。
紅葉を楽しむのも、街を散策するにも絶好のシーズンですね。


引続き楕円型お化粧ポーチを製作してます。

この後、丸ポーチを製作しましたら秋冬物の製作に一区切り付く予定です。
本日、来シーズンの生地を発注してます。
生地のご紹介と、オーダー製作のご案内はまた後日お知らせします。


明日よりファスナー付けの作業に入ります。
また撮影しますね。

楕円型お化粧ポーチ 製作


こちらは楕円型お化粧ポーチの小さいサイズです。
現在は在庫の無いアイテムですので、たくさん製作します。

お化粧品少な目だけど、きちんと整理したい方にお勧めのポーチです。


こちらは、大きいサイズです。
小さい方と比べて、横に長いサイズとなります。

お化粧品が多めの方や、余裕を持って収納されたい方にお勧めのポーチです。
丸みを帯びた優雅なシルエットですので、ギフトとしてもお勧めです。


収納した様子です。


リップが縦に収納出来ると、すっきり気持ち良いですね。
蓋の装飾が凝っているリップは更に見応えがあると思います。


普通のポーチの場合、ファンデーション等のコンパクトと一緒にリップは横に転がってしまうのですが、
リップを別に収納する事で整理整頓しやすいポーチです。

実際にご使用頂いているお客様にも「心が整うお化粧ポーチ。」とご好評頂いてます。

この後、頑張ってどんどん製作しますよ。
お楽しみに。

| 1/114PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Kopor

Kopor(コポル)のホームページは、
こちらです。



〒153-0065
東京都目黒区中町2-32-6
1階 Kopor
TEL/FAX 03-3713-6604

営業時間 13:00-19:00
定休日 木曜日・金曜日
お問い合せ kopor4@gmail.com

about

Koporは、インポートファブリックを使用し、お客様のお好みの柄とデザインで、バッグをお作りしております。

online shop

お買い物は、こちらです。

instagram

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM