タイル柄エコバッグ


タイルをパッチワークした様な個性的な柄です。
今日は雨だと思っていましたが、良く晴れた1日でした。



エコバッグなので、一枚仕立てです。



心に染みるような美しいブルーです。



再び受注会用のモリスの製作です。

どのようなアイテムが喜んで頂けるだろうかと、考えながらカットしてます。
明日も引続きモリスの生地をカットします。

いちご泥棒生地入荷&パッチワーク柄エコバッグ 製作


いちご泥棒の生地が入荷しました。
途中まで製作していた受注会用のサンプルバッグを仕上げます。


駆け足でのご紹介ですが、お店の在庫品をこちらの生地で。
ここ数日で完売しましたエコバッグを製作します。

程良い厚みで大変柔らかい生地なので、お買物のお供にお勧めです。
これから生地をカットします!

長財布&ミニ財布


お財布が完成しました。
現在、長財布の在庫はこちらの現品のみです。

今回使用した生地は昨年取っておいた残布で、
今年入荷した同じ生地より、柄が細くクッキリしています。

小物としては、昨年の生地の方が見栄えが綺麗ですので、今回の現品がお勧めです。

今年入荷した生地は、柄が太くモサモサしているので、
バッグに仕立てる予定でいます。



内側の様子です。



椅子張りに使用出来る摩擦に強い生地です。
比較的丈夫で長くご使用頂けると思います。



光の当たり方や、見る方向で表情が変わる生地です。



運気が上がりそうなイエローですね。



本日は、来月三重県での受注会用、モリスのバッグを製作していました。

今回の受注会は、オーナーさんとモリスを通じて出逢った事もあり全てウィリアムモリスの商品で統一します。
受注品と併せて、オーダーが難しい生地に関しては限定品の現品販売品も納品します。

明日は、オーダー頂いたウール刺繍のポシェットの製作に入る予定です。

長財布&ミニ財布


お財布が完成しました。
天気が悪かったので、また改めて撮影しますね。

今日は資料作りをしていました。
明日は、再びモリス製作の予定です。

長財布&ミニ財布 製作


本日は在庫品のお財布を製作していました。

関東地方は朝からずっと雨です。
雨が上がったら、秋が来る様な気がします。。

引続きモリス


いちご泥棒(オフホワイト)は生地が足りなかったので、後日取寄せする予定です。

最近、Instagramを見てご来店頂くお客様が少しずつ増えて来ました。
とても励みになります^ - ^

定休日明けの土曜日は、お店の在庫商品の製作をします。

再びモリス。


ウィリアムモリスを再び製作します。

アトリエのお客様は1月の先行受注会で、
オーダー頂いた方も多かったと思います。

こちらは来月の受注会サンプル用ですが、時間的に余裕を持って製作を進めてます。
これからアトリエへご来店のお客様にも、あまりお待たせせずに製作が可能です。

こちらが完成しましたら、アトリエ在庫品のバッグを製作します。
今後は、受注会用の製作→アトリエ在庫品製作の繰り返しとなりますが、
ご来店によるオーダー製作も、通常通り承ります。



もう少しで涼しくなりそうな気配ですね。
また明日。

トートバック 完成


普段製作している生地と比べると、ちょっと真面目な印象のバッグです。

無地なので、お洋服とのコーディネートがしやすく、
カジュアルからビジネス、フォーマルまで幅広くお使い頂けるバッグです。

クセがない上品な印象なのでギフトとしてもお勧めです。



近くで見ると結構光沢があります。



下から見た図。



マチが広いので収納力があります。

袋口にかけてマチを狭めているので、着物にも合わせやすいと思います。



サイズ感がわかりにくいので、着画を。
薄くて柔軟性のあるクッション材を全面に貼ってますので自立します。



サイズは、横幅24 高さ23 マチ12(底部分)です。

さて、ゆっくりしたペースで製作をして来ましたが、
次回受注会と在庫品新規製作へ向けて、ギアを入れ直し再始動です!

在庫品バッグ 製作


在庫品のバッグを製作してます。

フォーマルでしか使えないとか、カジュアルでしか使えないのではなく、
様々なシーンで活躍出来るバッグを目指します。



袋口のパイピング。
柔らかい紐を挟んでます。



今回はマチ部分の上下のサイズを変えてます。

袋口が開き過ぎないので、見た目が上品な雰囲気になります。



光を当てて近くで見ると、結構派手。
遠目だと、案外地味。

不思議な魅力の生地です。
また晴れた日中に撮影してご紹介しますね。

ウール刺繍バッグ


自分が自分にオーダーしたバッグが仕上がりました。
気になる改善点は、結局やり直しました。。(芯を貼り直したのです)



何も入れない状態でもぷっくらしてます。
荷物を入れてもシワが寄りにくいバッグを目指しました。



ウールのドットは、底部分は省いています。
バッグのサイズに合わせた柄合わせも可能です。

ドットを明るい色にしたり数色混ぜてカラフルにしたり等、
手刺繍ならではの自由度が高いです。

ポーチやクッションの片面に施すのもお勧めです。



早速使用します。

タオルの下にはお弁当が入ってます。
今回時代の流れに逆らって、ミニ財布から長財布へも変更しました。

ミニ財布は小さくて便利だったのですが、小さ過ぎて探す事が多かったのです。
また、仕事用と生活用で2つ持っていましたが、
生活用では現金をあまり使用しない為、1つにまとめたのです。



現在、長財布の在庫はこちらの1点のみです。
共生地で製作したミニ財布は、販売済みですのでまた製作します。



結構重いのですが、この通り。
生地が引っ張られて出来るシワがあまり無いですね。

ちなみに長財布は横にも収納可能です。



同じ生地と同じ色の毛糸は在庫してます。



さて、在庫品の製作です。

同じ仕様で、袋口が少しだけすぼまったバッグを製作します。(ウール刺繍は無しです)


普段の近所へのお出掛けにも、
お洒落して出掛ける時や着物にも合わせられるバッグです。



続きはまた明日です。

| 1/142PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Kopor

Kopor(コポル)のホームページは、
こちらです。



〒153-0065
東京都目黒区中町2-32-6
1階 Kopor
TEL/FAX 03-3713-6604


お問い合せ kopor4@gmail.com

instagram

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM